【Ae】波形が音楽に合わせて動くオーディオスペクトラムのつくりかた【After Effects】

この記事では音楽に合わせて動く波形をAftereffectsで作る方法について解説しています。
Aftereffects標準の機能で簡単に作成することができます。

目次

波形の作成

STEP
新規平面の作成

新規コンポジションを作成したらCtrl(command)+Yで新規平面を作成します。
こちらに波形を乗せていきます。

STEP
オーディオスペクトラムの作成

新規平面を選択した状態で
「エフェクト」→「描画」→「オーディオスペクトラム」を選択します。
下の画像のようなピンク色の破線が表示されるかと思います。

STEP
オーディオの挿入と紐づけ

波形を出したい音楽を挿入します。
音楽ファイルをドロップして挿入します。

その後オーディオスペクトラムのエフェクトコントロールの「オーディオレイヤー」で挿入した音楽を選択します。
これで音楽とオーディオスペクトラムの紐づけができました。

音楽を再生してみるとこのようになります。

STEP
波形を調整する

エフェクトコントロールの各数値を変更することで色や線の形を変えることができます。
また平面自体のスケールを変更することでも波形の大きさを変えることもできます。

また同じオーディオ系のエフェクトとして「オーディオウェーブフォーム」があります。
こちらは流れるような波形が作れます。

【おまけ】波形を円形にする

オーディオスペクトラムにエフェクト「極座標」を重ね掛けすることで円形のオーディオスペクトラムを作成することができます。

設定値は変換の種類を「長方形から極線へ」を選択肢し、「補完」の数値を高めると円形に近づきます。
完全な円形にしたい場合はオーディオスペクトラムの「開始ポイント」と「終了ポイント」のX軸の数値を変更することで完全な円にすることができます。
お好みに応じて作成しましょう。

ハリネはモーションエレメンツを使っています

モーションエレメンツは写真・CG画像・映像・音楽・テンプレートなど、デザインや動画づくりに役立つ素材を定額で使い放題。無料のコンテンツもありますのでおすすめのサービスです。

MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート

Adobe CCを安く購入・更新するには

After Effects、Illustratorなどを安く購入・更新する方法をこちらの記事で解説。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる