Canvaで縁取り(フチドリ)文字を作る方法【小技】

縁取りとは、文字の周りの他の色で覆うことで、縁取りをすることで文字を目立たせて読みやすくすることができます。

文字を読みやすくすることができるので、背景が強い場合などに重宝する縁取りですが、Canvaでは通常、縁取り(フチドリ)の文字を作ることができません。

Photoshopなどでは簡単に縁取り文字を作ることもできますが、Photoshopは有料でしか利用できません。

前述のとおりCanvaでは縁取り文字は通常つくることはできません。しかし工夫次第で再現することも可能です。

この記事ではCanvaで縁取り文字を作る方法を紹介します。

目次

縁取り文字の作り方

縁取り文字は以下の手順で作成することができます。

作成手順

1、見出し文字の作成

2、見出し文字のコピー

3、コピーした文字の中抜き

4、調整

順に解説します。

1、見出し文字の作成

これは通常の見出しをつくる際と変わりません、任意の文字列を左側のタブの「テキスト」を使用して入力してください。

※クリックで画像拡大

2、見出し文字のコピー

先ほどの入力した見出し文字を複製して2つにします。

コピーは

・テキストを選択した状態で右クリックし「コピー」&「ペースト」

・Ctrl+ C ,Ctrl + Vでコピー&ペースト

のどちらでも行うことができます。使いやすい方で複製してください。

※クリックで画像拡大

3、コピーした文字の中抜き

先ほど複製した方の見出しを中抜きをします。

中抜きとは、文字の中部分を透過させて縁(フチ)だけを残した状態にする文字装飾です。

文字を選択した状態で、「エフェクト」→「中抜き」をクリックします。

※クリックで画像拡大

4、調整する

中抜きした文字を、コピー元の見出し(縁取り文字の内側の文字)に重ねることで縁取り文字を再現します。

中抜きした文字のを変更し、見出し文字の上に移動します。

※クリックで画像拡大

縁取りの太さの変更は、中抜き文字の「エフェクト」をクリック後、左側から調整できます。

また見出し文字と中抜き文字の前後の順番(どちらが手前にくるか)を変更することで、縁取り文字の印象を変えることもできます。

以上が縁取り文字の作り方の解説となります。

慣れればそこまで手間をかけずに作ることができますので、覚えておいて損はない小技の一つだと思います。

縁取りや文字装飾にこだわりたいなら

上記の方法でCanvaでも縁取りを再現することは可能です。しかし正規の縁取り加工ではないため、太くする幅には限界があります。

大きく縁取りしたいときなどにはPhotoshopがおすすめです。

Photoshopであれば以下の様に太い縁取りしたり、2重に縁取りすることも可能なので、興味があるひとはPhotoshopを使ってみることをおすすめします。

(関連:【無料・有料】アイキャッチ作成ツールまとめ【お手軽・こだわり】

また文字を目立たせる方法は別の記事でも解説しています。参考にしてください。

(関連:アイキャッチ作成のアイデア13選【困ったときはコレ!】

ハリネはモーションエレメンツを使っています

モーションエレメンツは写真・CG画像・映像・音楽・テンプレートなど、デザインや動画づくりに役立つ素材を定額で使い放題。無料のコンテンツもありますのでおすすめのサービスです。

MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート

Adobe CCを安く購入・更新するには

After Effects、Illustratorなどを安く購入・更新する方法をこちらの記事で解説。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる