アイキャッチ作成のアイデア13選【困ったときはコレ!】

ブログのアイキャッチを作ってみたけど、なんかダサい、、、

どんなアイキャッチをつくったらいいか分からない

アイキャッチとは、ブログの記事タイトルと一緒に表示される画像のことで、記事に興味を持ってもらう重要な要素の一つとなります。

しかし、デザイン初心者がいきなりアイキャッチを作ろうとしても「、、、なんだかイマイチ」なアイキャッチになりがちです。

この記事ではアイキャッチを作る際の「アイデア」を13個、厳選してご紹介しています。

アイキャッチにこだわりたい人、あるいはアイキャッチを毎回考えるのが面倒な人、両方のアイキャッチに対するニーズを満たせるように

見栄えのいいアイキャッチを作りたい

毎回悩まなくて良いようにテンプレ化したい

ブログの内容が伝わるアイキャッチがいい

などの悩みを解決するための記事となっています。

またこの記事で作成しているアイキャッチのほとんどは、無料ツールの「Canva」を使用しています。

無料で使えるので積極的に利用して、お気に入りのアイキャッチを作りましょう。

目次

はじめに:アイキャッチの目的

アイキャッチには2つの目的があります。

アイキャッチの目的

記事の興味を持ってもらう

記事の内容を端的に伝える

アイキャッチ(Eye-Catch)は「目を引く」という意味の和製英語です。

人は文字ばかり並んでいると、無意識に飛ばしてしまう性質があります。そこで目に留まりやすい画像で興味を引き付けて、この記事はどんな内容か、を知ってもらうことがでアイキャッチの目的となります。

例え、とても有益な、質の高い記事であったとしても、そもそもタイトルすら見てもらえない状態であればどうしようもありません。

アイキャッチはその記事へ興味を持ってもらう「第一歩」を助ける効果が期待できます。

サムネとの違い

アイキャッチと並んでよく使われる言葉がサムネ(サムネイル画像)です。

サムネはThumb nail(親指の爪)の略で「縮小した画像」を指す言葉です。どちらで読んでも構いませんが、ブログではその目的から「アイキャッチ」を用いる場合が多いです。

イラスト&文字で見やすいアイキャッチ

背景、イラスト、文字の3つを組み合わせることで、簡単にアイキャッチを作ることができます。

シンプルアイキャッチの作り方

①無地(あるいはシンプル)な背景にする

②中央にイラスト素材を置く

③その下にタイトル文字を置く

シンプルな工程で、イラストもその記事に関連するものを選べば、ほとんど悩まずにアイキャッチを作成することができます。

アイキャッチは作成方法については別の記事で解説。
(関連:【canva】アイキャッチの作り方入門【初心者向け】※PC版

また文字などがアイキャッチの端にある場合、SNSなどによっては文字が切れて見えなくなる心配があります。イラストと記事タイトルを中央寄せにすることで、見切れにくくすることができます。

背景の一部を図形にする

四角などの図形を背景の一部にすることで伝えたい情報を強調したり、全体のデザイン調整に使うことができます。

画像のサイズが足りないのを補う

使いたい画像のサイズが縦長などで、横長のアイキャッチに使いづらい場合、一部を図形で隠して使用する方法もあります。その上に文字などを書けば自然に使用できます。

図形を斜めに配置する

下の画像は四角を斜めに配置したものです。

文字が強調され、文字と画像にメリハリができています。

文字の背景に図形を使用する

文字の背景に図形を使用することで、文章を強調することができます。

枠(フレーム)でテンプレ化する

テンプレートを作ってしまえば、毎回作業的にアイキャッチを作ることができます。

キャラ&枠でオリジナリティを出す

オリジナルのアイコンなどをアイキャッチに入れれば、一目で誰が書いたか分かるので目に留まりやすくなります。また背景などを変えたりするだけ毎回違った印象を出すこともできます。

ぼかし&枠で画質を気にすることなくアイキャッチ作成

通常アイキャッチで使う画像は綺麗なものを使う必要があります。これは目に留まる画像なので画質が荒いもの使用し安っぽく見えるのを防ぐためです。

しかし画像にぼかしを入れ、枠とタイトルを前面に押し出すことによって画像をそこまで気にすることなくアイキャッチを作成することができます。

画像を探す時間を短縮でき、あとは決まったテンプレートを使うだけなので、アイキャッチをつくる手間を大幅に減らすことができます。

ちなみに白文字は背景画像を暗くすることで見やすく、見栄えをよくすることができます。

文字の配置を工夫する

文字を置く場所・置き方も意外と重要です。

文字の両端を揃える

文字が複数行にわたる場合、上下左右の端を揃えることで見栄えを良くすることができます。文字数が違っても統一感を出すことができるのでおすすめです。

はみ出すデカ文字でインパクトを出す

文字を画面から見切れるくらい大きくすることで印象を大きくすることができます。

写真のインパクトが強い場合、文字の印象も強くしたいときなどを使うと便利です。

伝えたい文字(情報)を強調する

アイキャッチで強く伝えたい部分は、文字を強調することで興味を持ってもらえる場合があります。

文字を大きくする

強調したい文字を大きくすると、目に留まりやすくなります。記事で一番伝えたい情報は大きくすると読者に伝わりやすくなります。

文字を縁取り(ふちどり)する

文字の周りを色で覆うことを縁取り(ふちどり)と言います。

縁取りをすることで文字をくっきりと表示し、強調することができます。背景によって文字が見辛いときなどは重宝します。

縁取りは1重、2重などがありますが、見やすさなどによって調整します。

この縁取りは通常Canvaではすることができませんが、別の記事で再現する方法を解説しています。

(関連:Canvaで縁取り(フチドリ)文字を作る方法【小技】

Photoshopなどでは簡単に設定することができます。

 

文字の色を変える

文字の色を変化させることによって強調したい文字を読者に伝えることができます。また背景の色が変化するときなどに視認性を上げるのにも使えます。

文字を図形で囲む

文字の背景に図形を使用し、囲むことで文字が強調されます。

文字を斜めにする

文字を斜めにすることによって、単調になりがちな文字に動きを与えることができます。

人物や動物と組み合わせることで、喋ったり叫んだりしているように演出ことも可能です。

テンプレートを使う

Canvaでは無料版でも25万点以上のテンプレートを使用することができます。

これらのテンプレートの画像、背景、イラストを変えることでお手軽に見栄えのいいアイキャッチをつくることができます。

アイキャッチのネタに困ったときはテンプレートを参考にしてみましょう。

アイキャッチを作るにはCanvaがオススメ

以上アイキャッチのアイデア13選でした。アイキャッチを作られる際の参考にしてみてください。

アイキャッチを作成には手軽に使えるCanvaがおすすめです。

関連記事:【canva】アイキャッチの作り方入門【初心者向け】※PC版

あわせて読みたい
【canva】アイキャッチの作り方入門【初心者向け】※PC版 この記事でわかること ・Canvaの登録方法 ・Canvaでのアイキャッチの作りかた CanvaはPCやアプリで使用できるグラフィックデザインツールです。 この記事では初めてCanv...
Canvaのメリット

・無料で使える

・インストール不要

・スマホアプリがある

・25万点以上の無料テンプレート

・無料素材多数

\無料で利用する/

Canva

よりこだわったアイキャッチを作りたい人にはPhotoshopがおすすめです。

Photoshopのメリット

・文字装飾の種類が豊富

・フォントが実質無制限で使用できる

・画像加工(合成、背景除去)が行える

\7日間の無料体験をする/

アイキャッチを作成できるソフトについてはこちらの記事で紹介しています。

【無料・有料】アイキャッチ作成おすすめ定額制サービスまとめ【お手軽・こだわり】

あわせて読みたい
【無料・有料】アイキャッチ作成ツールまとめ【お手軽・こだわり】 ・簡単におしゃれなアイキャッチを作りたい ・こだわりのあるアイキャッチが作りたい  ・オリジナルイラストでアイキャッチを作りたい アイキャッチ画像はタイトルと共...

アイキャッチを作る際の注意点はコチラ。
(関連:ダサいアイキャッチ・デザインにならないためのポイント11選

あわせて読みたい
ダサいアイキャッチ・デザインにならないためのポイント11選 ・ アイキャッチがダサくなる ・デザインをする際の注意点を知りたい アイキャッチなどのデザインをする際、なにも知識がない状態でデザインをすると、あまり見栄えの良...

アイキャッチ作成の際の画像、フォント探しはコチラがおすすめ
(参考:【商用フリー】無料素材サイトまとめ【画像・イラスト・フォント】

あわせて読みたい
【商用フリー】無料素材サイトまとめ【画像・イラスト・フォント】 この記事では無料で利用できる素材サイトを紹介しています。 ここで紹介している素材は、 ・商用利用可能 ・クレジット表記不要 のものを集めています。 収益化を想定し...

ハリネはモーションエレメンツを使っています

モーションエレメンツは写真・CG画像・映像・音楽・テンプレートなど、デザインや動画づくりに役立つ素材を定額で使い放題。無料のコンテンツもありますのでおすすめのサービスです。

MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート

Adobe CCを安く購入・更新するには

After Effects、Illustratorなどを安く購入・更新する方法をこちらの記事で解説。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる